静岡県東部エリア河川     FF釣り日誌


by flyhirotan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:野呂川( 54 )

野呂川釣行上流部

      9月23日
      野呂川釣行も最後となろう日曜日朝5:30奈良田発の猫バスは、
      バムグループ4名とお1人様の釣り人と数名の登山客
      T木さん・U田さん・S藤さんと私ひろたんです
      
d0168318_23462826.jpg

      バスの中では、谷割解決済み
      広河原からK沢の出会いに向かい、少し手前からTさん・Uさん
      K沢から野呂本流に入ったSさんと私
      K沢に下った私たちは、取り合えずロッドを出し釣り始める
      一日雨模様になりそうな今日、気温はかなり低め、
      水温を計ると13℃、魚の活性は良さそう。
      そして出番の廻って来た偏光グラス(サイトマスターイージーグリーン)
      今日のような薄暗い日には、効果抜群です。
      ロッドを準備して1投目にヒットしたK沢のイワナ君
      
d0168318_01594.jpg

      
d0168318_0415315.jpg

      ぼちぼち楽しんでから、本流に到着
      寒いためトイレが近いSさん
      
d0168318_04194.jpg
  
      綺麗なキャストを行っているSさん
      
d0168318_053623.jpg
 
      出会い付近はかなり水量は少ない
      
d0168318_093313.jpg
 
      Sさんは野呂川上流部は初めて、そこで釣り上げたイワナ君 一号
      
d0168318_0112956.jpg

      今日のイワナ君、反応良いよ。しかしフライを見切る事も多い
      釣れたり、竿抜けしたり、ばらしたり十分楽しめる
      
d0168318_0161534.jpg

      しかも同一場所のプールでは、4連続フッキングしたりして・・・
      
d0168318_018217.jpg

      
d0168318_0183885.jpg

      どこでも釣れるは釣れるは、時間を忘れてしまうほどに。
      
d0168318_0212664.jpg

      まだまだ釣れてます
      
d0168318_0221076.jpg

      そろそろ膝にガタが来始めた。前週の3蓮ちゃんが効いてるよう。
      Sさんも足が上がらないと、呟いていた。
      帰りのバス時間が近づいて来たので、某退渓場所(林の中で安全ではあるが、
      登るにはかなりきつい)を登り林道にたどり着く
      40分ほど歩くと、某場所にたどり着く、そこには朝分かれたお二人さんが
      バス待ちしていた。
      
d0168318_0322572.jpg

      撮影は私なので、写ってません。
      皆さん良い顔してますね。
      遊ぶには十分、最高の野呂川最終日となりました
      今シーズン楽しませていただき、野呂川に感謝感謝です
      来シーズンもよろしくお願いします
      また、猫バス広河原発奈良田行き14:30もっと遅く出来ないものですかね。山交さん






  
[PR]
by flyhirotan | 2012-09-25 00:37 | 野呂川

野呂川釣行 3日目

      9月17日
やはりやってしまった、5:30の猫バスには乗れず8:50バスに。
しかしT中さんとT木さんはしっかり起きて5:30バスに乗車していた。
後から聞いた話では、K沢から本流に入渓
ぼちぼち1日楽しめる釣果だったそうです

時間ギリギリに奈良田に到着
そこには棟梁のI上さんとМさんがいるのではありませんか
やはりバム御一行様です
d0168318_0223254.jpg

お二人は、A沢に入渓でした
昨日の続きを行う事に、広河原に向かう
夜中の雨、しとしと雨が続く中、何か良い予感
d0168318_0262534.jpg

d0168318_027173.jpg

反応は良いがフッキングしない、ぼちぼちですな
雨が止んだので、記念撮影
d0168318_0283077.jpg

d0168318_0285913.jpg

かなり奥まで釣り上がり、パイプ堰堤が見えてくるところまで行ったが
バスの時間になったため、終了することにした
広河原でバスに乗り、途中釣り人を見つけたので、運転手さんに確認してもらうと
Iさんでした。ここで乗車するも同行していたМさんが見当たらない
A沢で止めてもらい、川原への確認を行うもいません
出発すると、A沢バス停に居られました。良かった良かった
無事帰る事が出来ました。やはりA沢はかなり厳しかったみたいです。

今回は3本のロッドと3個のリール(2番・3番・4番の使い分け)を使用してみました
これで2泊3日の野呂川釣行を終了します
[PR]
by flyhirotan | 2012-09-21 00:41 | 野呂川

野呂川釣行 2日目

      9月16日
目が覚めたとき時計を見ると、何と5:22。
これではもう始発の猫バスには間に合わない
諦めムードで8:50バスにする。飲みすぎたかなと思いつつ
再度床に着き寝てしまうありさま。
本日も楽しみましょうと、駐車場に向かう。
本日合流する予定の第二陣バム御一行様
d0168318_23121649.jpg

左上からT中さん・T木さん・S呂さん・S藤さん、左下から私・K間さん・Y崎さん
谷割でTさん・Tさん・KさんはA沢よりもっと上流のМ沢付近に入渓
自分達4名は、広河原に向かう
迎えてくれたのが、この風景3193m日本で2番目に高い山「北岳」です
d0168318_2324195.jpg

キャンプ場で広河原で監視員を行っている、Kさんに会いに行く
釣りそっちのけで、話がはずむ。昨日若様が訪問してくれたとの話も出た。
Kさんもバムグループの一員でした。
Sさん・Yさんが少し下ったところから入渓(バス停付近)してくれるとのことで
先行させていただく。数百m釣り上がった付近から反応が出始め
ぼちぼち楽しめる事が出来た。しかしサイズは7~8寸ばかりでした
d0168318_23345394.jpg
d0168318_23354281.jpg

d0168318_23362077.jpg

Sさんは小型サイズにすっかり悩んでました
d0168318_2338684.jpg

おっと、忘れてました。本日のロッドとリールです
d0168318_23391471.jpg

〇段堰堤下プールでは、フライマン3人は撃沈したが、ルアーマンSさん軽く
底を狙ってしっかりと釣り上げました。
記念撮影しましたが、シャッター押したときにはイワナ君足元に落ちてました
d0168318_23435447.jpg

堰堤を登り切り、Hポートより500mくらいまでを楽しみました
d0168318_2346820.jpg

最終便(16:40)に間に合うように広河原には、K田さんが待っていてくれました
出発までの間、しばし釣行話で盛り上がっていました
HIDEさんから急用が出来たので、食事だけして帰宅するとのこと
d0168318_032832.jpg

言うまでもない、宴会は飲めや食えやで盛り上がり、明日の5:30を
心配しつつも飲んでしまった。
続きは後日に・・・
[PR]
by flyhirotan | 2012-09-20 23:30 | 野呂川

野呂川釣行 1日目

d0168318_17453784.jpg

9月15日
久しぶりに野呂川に行って来ました。携帯電話からのため、詳細は後日になります。

続き
野呂川釣行2泊3日を楽しみたく、Sさんを伴いひたすら北へ
天気は良さそう、富士山も出迎えてくれた。今回はSさんの愛車ボルボに同乗させてもらう。
d0168318_2158326.jpg

奈良田に着き、すでに待っていた今回ご一緒させてもらうYさんとSさんです
d0168318_221966.jpg

1日目は、この4人で釣行します。バム御一行様です
ふと辺りを見回すと、ブログでは良くお顔を拝見する「若様釣行記」の管理者こと
若様(TKさん)が、ご友人と来られてました。やはりバムのお客さんです
谷割で、若様は広河原へYさん・Sさんは広河原少し手前に、そして私たちは
訳あってT尾根のガレ場を下ったところから入渓しました。
d0168318_22101479.jpg

d0168318_2211485.jpg

川の水は、かなりの減水で、ヌルもあり水温も温かめ
かなりキツイ釣行になると思いつつ、釣り上がる
d0168318_22141984.jpg

最初の堰堤まで、2人とも反応は一切なし。途中アブ攻撃にも遭い、ひたすら逃げる
上に登ろうとしたが、添えてある木がグラグラ。
後の方の安全を考え、修繕開始。真っすぐに立て直し、隙間には周りから集めた
石を詰め込む。かなりグラグラは無くなる。
d0168318_2221765.jpg

更に釣り上がり、某場所に着く。
ここでは、ご冥福をしておきました。
d0168318_22234353.jpg

ここから状況が変わり、イワナの反応が出て来始める。
取りあえず、Sさんのイワナ君。
d0168318_222694.jpg

ぼちぼち楽しんでいると、某堰堤に着く。
越せるかなと思い、入って行くがウエストギリギリまで入っても越せないので
諦める。そんなことしてると、堰堤下プールにライズが・・・
Sさんがチャレンジ開始、中々出てこなくフライを何回か取り替えている
来た、ググッと引きこむ。ロッドがかなりしなっている。
観ている私でさえも、汗ばんでくる。手の平くらいの尾びれ、観た事ない。
ジワリジワリ寄せている、ネットの用意を始めた瞬間、プチンとラインが切れた
そこには、唖然としているSさんがいた。
そんなことしているうちに、退渓時間が迫りガレ場をよじ登り道路に出る。
あ、時間間違えた、早すぎる。料金が少し安くなるところまで、トンネルを何箇所か
抜けながらたどり着く。
猫バスが到着すると、YさんSさんが乗っていて、釣果の話に。
あれ若様がいない、前のバスに乗って帰ったのかな。
本日の宿泊場所に戻り、釣行作戦会議及び宴会準備を始める
準備している間に、3人さんには温泉に行ってもらった
今日のパーティー食材は、おでん・焼き鳥・焼きそば・健康野菜サラダなどに加え
取り立ての新米をアレンジした。
明日は5:30のバスで出発すると張り切っていたが・・・・
しかし飲んだ飲んだ、500mlビールの空缶が山のようになっていた。
[PR]
by flyhirotan | 2012-09-16 17:45 | 野呂川

続けて野呂川釣行

      8月12日
      前日の夜、Uさんから野呂川釣行のお誘いがあり
      12日AМ6:30に広河原での待ち合わせを行う
      Uさんは芦安から、私は奈良田から広河原に向かう事に・・・
      明け方の奈良田湖には、静粛した趣きがある。
      
d0168318_2338333.jpg

      Uさんと出会い、バスに乗り込み上流へ
      某場所へはガレ場を下り到着する
      本流入渓地点から更に500mほど下流部に下ってから
      本日の釣行が始まった。
      このとき初めて、Uさんに30cm越えイワナを釣り上げた事を
      話し、写真を見せた。
      今釣り悩んでる事を話し、本日も勉強させていただき事にした
      本日同行のUさん
      
d0168318_2346623.jpg

      本日のタックルです
      
d0168318_23465495.jpg
 
      やはり減水気味なのが気になります
      上流部でもヌルの発生が多く、たいへん滑りやすい状況でした
      そんな中、Uさん早々と釣り上げてました
      
d0168318_23513651.jpg

      今回も他人の釣り方研究のため、Uさんの釣り方を
      熱心に拝見させていただきました
      綺麗なU字を描くキャスティング
      ポイントへの立ち位置
      最適ポイントに流す前に、取りあえず流しておくポイントなど
      かなり勉強させていただく。
      なるべくポイントには近づかず、自分の影は見せずに
      遠投を行い、魚に警戒心を与えないが
      本日の会得した事でした
      取り合えず1匹目を釣り上げ、満足した
      
d0168318_053018.jpg

      食いが浅いのか、合わせが早いのか(かなり遅く合わせるようにしている)
      乗らない事が多い。
      しかもかなり痛めつけられているのか
      1回失敗すると、2回目が来ない
      観には来るが、フライを見切る
      こんな事が続いている中、Uさんに当たりが来る
      かなり長くイワナと格闘していたが、やっとネットイン出来た。
      珍しくUさんが、ネットインしたまま見せに来てくれたイワナ
      でか、昨日釣り上げた30cm越えイワナは何だったのか
      それを有に越え、たいこの厚い事
      分厚い唇
      ばかでかい尾びれ
      やけに大きくなった胸びれ
      メジャーで測ると33cmを越えていた
      他人が釣ったのに感動しました。
      Uさんのカメラで取ったので、ブログアップ出来ませんが
      大きかったです。
      退渓場所の支流に近づいて来たところでまた1本
      
d0168318_0245715.jpg
 
      上流に向かうほど、イワナのサイズが小さくなって行く
      また本日は魚の活性がたいへん悪い状態だった
      2人でぼちぼち遊べるほどの釣果でした
      本日もたいへん勉強になりました。
    
[PR]
by flyhirotan | 2012-08-14 00:29 | 野呂川
      8月11日 
      先週の釣行で、同行したYさんのご指導を下に
      復習及び練習を兼ねて、比較的釣りやすい某場所で
      釣行しました。
      自分の乗った二便には、釣り人らしき方は乗って無く
      一人寂しく釣り場に向かいました。
      今回のタックルは、この組み合わせです
      
d0168318_0352746.jpg

      川の形相は、たいへん良いのです
      
d0168318_0372033.jpg

      しかし、この減水では魚の活性は悪いでしょう
      川床には全体にヌルが入っていて
      たいへん滑りやすい状態になっています。 (十分気を付けて下さい)
      台風みたいな大雨がほしいところです
      
      立ち位置、フライの落とし方を考え釣り上がるも
      食いが浅いのか、すっぽ抜けが多い
      増して釣れるイワナのサイズは、小さい小さい
      堰堤を越えた辺りの某場所で、(ここで学習・学習)
      かなり離れた場所から遠投を試み、抜群の場所にフライが落ちた
      1mくらい流れたかなと思われた瞬間、かぽっとフライが消えた
      1秒くらい待ってから、ロッドを立てた
      「来た」 9ft#3 ウィンストンのロッドをぐいぐいしならせ
      逃げ回る、しまいには下段に逃げ込んだイワナ
      かなり大きいと思われるが、さすがウィンストンのロットです
      しっかりと寄せて来ました。
      
d0168318_114157.jpg

      ピントがずれてますが、手と比較して30cmイワナの
      大きさが判ります
      
d0168318_143212.jpg

      今回は、他のイワナ君サイズが小さいため、出番が有りません

      この頃ゲーター使用の釣行が増えたが、今回もゲーターを
      使用しての釣行となった。
      川の水は、生ぬるく感じられ、冷たいとは思わなかった      
[PR]
by flyhirotan | 2012-08-13 01:06 | 野呂川

野呂川釣行

d0168318_17445354.jpg

8月11日
またまた野呂川釣行しました。やっと念願叶って30cmオーバーのイワナに巡り会えました。嬉しかったので、携帯からブログアップしておきます。本日の詳細は後日アップします。
[PR]
by flyhirotan | 2012-08-11 17:44 | 野呂川

上流域の野呂川

      8月5日
      FFに対する悩みを抱え、今回の野呂川釣行に出かけた
      悩みはさておいて、今回の釣行記をお話します。
      今回の同行者は先週釣行したT木さんと、今シーズン
      初めてとなる、Y崎さんです。
      
d0168318_22173182.jpg

      芦安からマイクロタクシーでご一緒した、可愛らしい山ガールさん達
      山小屋宿泊の計画で来たそうです
      オジさん達の話相手になってくれてありがとう

      (ブログアップは、お嬢さんたちの了解済です)
      
d0168318_22234864.jpg
 
      中継地点からさらに奥にバスに揺られて行く
      私とY崎さんは途中下車
      死ぬかと思われる場所を下って行く
      
d0168318_22273793.jpg
  
      T木さんは、一人K沢を目指しさらに上流に
      釣果については、後で聞く事にしよう
      本流入渓地点の、下流上流形相 
      
d0168318_22312784.jpg

      
d0168318_22323857.jpg

      Yさんいわく、水量がかなり減っているとの事
      しかし腕前はかなり・・・
      数投目には、きっちりと釣り上げていた
      
d0168318_223878.jpg

      今回は、Yさんをしっかり観察させていただく
      立ち位置・フライの落とし方・イワナの居場所など・・・
      勉強させていただき、途中レッスンなどもさせていただく
      ここまで、バラシ・すっぽ抜けなどを繰り返していたが
      教えられた場所に、立ち位置を考え、フライを落とした
      来ましたね、26cmのイワナくん
      4番ロッドをかなりしならせる引きでした
      
d0168318_22463986.jpg

      隣では、Yさんは良サイズのイワナを釣っていた
      
d0168318_22481420.jpg

      K沢最終便(16:00)で合流したTさんはニコニコ顔
      良かったみたいです。ぼちぼちドッカンだったそうです

      今回の釣行では、かなり勉強になった。
      色々な事を取得出来ました
      忘れない内に、今週も野呂川に行こうかな。
[PR]
by flyhirotan | 2012-08-06 22:57 | 野呂川
      7月29日
      今日は広河原デビューのT木さんとSさんとの3名で
      広河原バス停前からの釣行を行いました
      
d0168318_20582075.jpg

      丸山林道バス停からの乗車となったため、広河原まで立ちっぱなしの
      大混雑となりました
      奈良田から乗車したI谷さん御一行様3名は、途中A沢下車となり
      ウキウキと下って行きました
      終点地に着き、どこから入渓しようかと話し合い、銀橋下からの入渓にしました

      本日は、9ft 3番ロッドと3番ラインのリールを組みました
      
d0168318_2154771.jpg

      今日は広河原デビューのTさんに、気持ち良い釣りを満喫してもらいたく
      思っていましたが、自分の釣りに夢中になっていました。
      久しぶりの大物、今シーズン9寸(27cm)がマックスでしたが29cmが出ました。
      ロッドをしならせる引きの良さ、どでかい尾びれ、感激しました
      
d0168318_2114029.jpg
 
      
d0168318_21141937.jpg
 
      こんな釣りをしている私でしたが、お二人さん達もバコバコ釣り
      9寸サイズを気持ちよく・・・・
      しかしこのサイズも釣れてました
      
d0168318_2120994.jpg

      気分の良かったお二人さん、また行きたいとお誘いが。

      帰りのバス時刻に近づき広河原バス停に戻ると、U田さんが出迎えてくれました。
      上流部でぼちぼちバコバコと釣ってました。

      またA沢で乗車のIさんからは、先行者有りのぼちぼちでしたの事でした

      帰りは、いつもの食堂で夕飯を・・・T木さん御馳走さまでした。
[PR]
by flyhirotan | 2012-07-30 21:34 | 野呂川

野呂川釣行

      7月28日
      先週は野暮用で釣行出来なかった。
      今週は、日曜日に3名の釣行を計画している
      しかし、どうしても川に入りたかったので、野呂川まで
      足を運んでしまった。
      判る人には判ってしまうが、本日はこの場所に入渓した
      
d0168318_224428.jpg
   
      見学に行った事でにでもしておこう
      水量はかなり少なめで、ところどころにヌルが入っている
      自分は、スパイク付きのシューズを持参したので
      安全確保出来ていたが、フェルトシューズでは危ないかな
      入渓場所には新しい足跡だらけ、本日の釣果は期待できそうにもないかな。
      
      29日の釣行を楽しみましょう。  
[PR]
by flyhirotan | 2012-07-28 22:50 | 野呂川