静岡県東部エリア河川     FF釣り日誌


by flyhirotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

野呂川釣行その参

d0168318_629576.jpg

7月28日
今日も同行者を変え、野呂川に向かう
奈良田バス停に到着する、チョッとトイレを拝借する
d0168318_2115469.jpg

偶然にも知人でもある、I谷さんと鉢合わせ
また偶然にも、あるき沢に成ってしまう。谷割行いパイプ堰堤からの入渓に
させていただいた。 感謝感謝です
d0168318_21585339.jpg


この赤パイプ堰堤から釣り開始
ゆっくりと釣り支度しているひろたんを後目に、Sさんは早々釣行開始する
d0168318_20194855.jpg

今日はSさんの独り舞台
1投目から当たり有り、同じところに2投目着水
フライをカポッと吸い込んだイワナ君は、ロッドをしならせながらじわじわとネットへ。
私ひろたんは、ティぺットにフライを結んでいる最中だった
にこにこ顔のSさんでした
d0168318_20275350.jpg


どうにか準備の出来たひろたんの本日のタックルは、
ロッドがウインストン7.6ft #3 ボロンⅡt
リールは、もちろんハーディーフェザーウエイトです
d0168318_203326100.jpg


ひろたんもしっかりとイワナ君を。
この引きが溜まりません
d0168318_20354080.jpg

次々と釣り上がるイワナ君
d0168318_203768.jpg

等々たどり着いた黒パイプ堰堤
d0168318_20385875.jpg


この区間で、楽しみまくったSさん、釣れるは・ばらすは・ライン切られるは
両手では足りないくらいのイワナ拝見に、大満足していた。

黒パイプ堰堤上流でも、爆釣は続く
d0168318_2045254.jpg


釣行距離としては短かったが、時間を掛けじっくりまたゆっくりとした釣行だった
最後は、タル沢付近から崖をよじの乗って道路へ
ここでバスを待つと、料金上がるかな思い、あるき沢まで自慢話をしながら
下る事にした。
[PR]
by flyhirotan | 2013-07-28 06:29 | 野呂川

野呂川釣行その弐

d0168318_1913126.jpg

7月27日
広河原山荘に泊まった三人は、朝一番のバスで上流域に向かう

山荘から見た、野呂川と吊り橋
d0168318_22455150.jpg

今日も北岳は、ほほ笑んでます
d0168318_22465058.jpg

朝一番の市営バスに乗った3人は、出会いで降りる
少し歩いたところから、入渓を試みる。
川原に着いたとき、下った場所を改めて確認する、「ドキ」凄い所降りて来たもんだなと思った
d0168318_20471261.jpg

入渓場所の形相です、お二人さんはゲーターで涼しい涼しいと言っていた
d0168318_2050026.jpg

早速飛びついて来たイワナ君、若干サイズが小ぶりかな
d0168318_20514726.jpg

このような場所から出て来ましたね
d0168318_20522127.jpg

当たりはあるが、中々乗ってくれない。
しかし反応ある事は、魚は居る事ですね。フライを変えてみたところ、やはり乗って来ました
このイワナもかなり小ぶりでした。
d0168318_20572620.jpg

Uさんの隣で出て来ました
d0168318_20583757.jpg

お二人さんも、楽しんでました
この堰堤ではライズがあり、Yさんしっかり釣り上げてました
d0168318_2105824.jpg

今回偶然にも、同じリール「ハーディーフェザーウエイト」
そして履いてたシューズが同じだった。
そして2人は「ウインストンロッド」でした
d0168318_2134149.jpg

最終16:10の市営バスに間に合うよう、出会いバス停に到着した
d0168318_2192270.jpg

[PR]
by flyhirotan | 2013-07-27 19:13 | 野呂川

野呂川釣行その壱

d0168318_19103283.jpg

7月26日
U田さん,Y沼さんそしてひろたんの三人は、南アルブス野呂川に向かう。
R52沿いのコンビニで食料を買い、いざ奈良田温泉へ
d0168318_21472586.jpg

丸山林道駐車場で出会った、車のロック忘れを教えてくれた山ガールさん達
d0168318_21503562.jpg

また、バス停で待っていたら、知合いの方が。
あるき沢に入ると言ってました
d0168318_21521265.jpg

広河原に着き、最初に出迎えてくれた北岳
d0168318_21533964.jpg

吊り橋から見た野呂川、濁りもなく水量も丁度好さそうだ
d0168318_21555230.jpg

本日お世話になる、広河原山荘
d0168318_21571017.jpg

釣り準備も整い、皆さんやる気満々
d0168318_2159474.jpg

d0168318_2202382.jpg

d0168318_2204699.jpg

生きの良いイワナ君が早々と姿を見せる
d0168318_2235347.jpg

このような場所から、意気良い良く飛んできた
d0168318_2262935.jpg

このような27cmのイワナ君も元気よく
d0168318_228291.jpg

お二人さん、しっかり釣って楽しんでましたね
空振りが多く残念がってた

正面のコンクリート壁の少し先をよじ登って道路にたどり着く
二度と登りたくない、場所だった。
d0168318_22113393.jpg

ひたすら歩いて、イブニングに備えるお二人さん
かなり疲れているはずだが
d0168318_22134113.jpg

先に戻ったひろたんは、広河原にて何と監視員「K田さん」のお迎えが待っていた
1年ぶりの再開に、話がはずむ
d0168318_22183922.jpg

山荘での夕飯をパス(夕飯時間に間に合わず)した3人に、ディナーを
作っていただいたK田さんに、感謝感謝です
d0168318_22244990.jpg

生ビールに満足した御三人
d0168318_22253632.jpg

今日宿泊、広河原山荘の皆さんに、感謝感謝
d0168318_22273344.jpg

[PR]
by flyhirotan | 2013-07-26 05:10 | 野呂川

北アルプス釣行

d0168318_1843090.jpg

7月14日
北アルプス釣行を行う為、松川に向かう。
多くの堰堤に区切られた川です。

前日某河川のイワナの里で、満喫した釣行を後に宿泊先の松本のホテルに向かう
途中、湯の花銭湯「瑞祥」にてまったり。
そして夜の松本市内に繰り出した   

市内に滞在してる息子を同乗させて、Sさんとの3名で北アルプスを目指す
白馬地区に入り松川中流域を確認する
d0168318_9155338.jpg

堰堤からは、かなりの水量が流れ落ちてる。増水・激流を見て無理かなと
不安を覚える。
どうせなら最上流まで行って見ようと車を進めた
車止めまで進み、川を確認すると頭に浮かんだ、某河川での水難事故
今回は諦めた方が、安全を考えて無難と思った
d0168318_9264217.jpg

d0168318_9281472.jpg

d0168318_9283584.jpg

d0168318_9285546.jpg

ここ数日、かなりの雨が降ったらしい
下る途中に何ヶ所かで、入渓場所を確認する(再チャレンジの為に)
d0168318_9323352.jpg

d0168318_9321634.jpg



このまま帰っては、お二人さんに不満が残る
ふとそこに、管理釣り場の看板が見えてきた
「ニレ池フィッシングセンター」書かれた看板が。
その池は、松川と同じ色の水が溜まっていた。美しさに感動
d0168318_10085.jpg

少しばかり遊んで行こうと、3時間券を購入する
d0168318_1001668.jpg


ここからが爆釣の始まり、息子はイトウ2匹を含め数十匹。
フライは、ビーズヘッドニンフで爆釣
d0168318_1042493.jpg


Sさんは、#18のミッジフライ・ニンフで大爆釣
腕が痛いと嘆いてました
d0168318_1082917.jpg


私は、相変わらずドライフライに拘り#14のパラシュート系で楽しみました
レインボーは必ず咥えて来ます、途中からヤマメ一本に絞り
ヤマメだけに集中して、フライを落としてみました
かなりすれたヤマメですね、フライに全く反応しない

釣り始めから2時間くらいから雨が強くなり、結局2時間で止めてしまったが
3名で50本越えは、良かった良かった。 満足です
[PR]
by flyhirotan | 2013-07-14 18:43 | その他の河川

北アルブス釣行

d0168318_4362016.jpg

7月13日
今シーズン、中央アルブスの開田高原、南アルプスの野呂川の釣行を行っていました。今日は、北アルプスに行きます。

朝AM5時に出発したSさんとひろたんは、中央道に乗り北へ北へと向かう
そんな時ふと思いついた、先日の某河川に寄ってはどうかなと。
話はまとまり、某ICを降りて変更目的地に向かう
途中休憩場所でのSさん
d0168318_175733.jpg

ひろたんです
d0168318_1755320.jpg

はるか遠くに、世界遺産の富士山を望む事も出来ます
d0168318_1774849.jpg


この川には、7ftのロッドでも長いかな
d0168318_1795739.jpg

釣行開始早々に、ご挨拶してくれたイワナくん
若干チビサイズではありましたが、引き具合は良好
d0168318_17122994.jpg

本日のマックスサイズでした26cmのイワナくんです
6Xのティペットが切られるのではないかと、心配しつつ釣り上げました
d0168318_1718265.jpg

Sさんも順調に釣り上げ、満足してました
d0168318_17202443.jpg

このサイズが平均的に釣れてました
d0168318_17211219.jpg


そして幹に付けられた謎の傷、かなり大きな動物の爪跡ですね
d0168318_1723406.jpg


最後に今回の釣行で悔しい思いをした事を書きます
1、あるプールでの出来事です、そっとそっと近づいてパラりとフライを
 落としましたところ、やはり居ましたねイワナくん
 しかししっかりフッキングせず、ばらしてしまう。
 諦めモードで再度フライを落として見ると、再度フライにアタックするではないか
 今回は、すっぽ抜けしてしまう。
 次はフレイを跳ねてしまうありさま、何と6回同じ場所でイワナくんに
 遊ばれてしまった。
 私の方が諦めて次の場所に移動した。

2、次のプールでは、ギャラリーとしてSさんが見てる中の出来事
  同じイワナかは判りませんが、先ほどと同じようにフッキングが悪く
  4回の反応に全て失敗する。
  上で見てたSさんは、大笑いでした。
 
[PR]
by flyhirotan | 2013-07-13 04:36 | その他の河川

信州に行こう

d0168318_1303657.jpg

7 月 6日
信州に向かって出発します
[PR]
by flyhirotan | 2013-07-06 13:00 | その他の河川