静岡県東部エリア河川     FF釣り日誌


by flyhirotan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最後の野呂川釣行

d0168318_19513782.jpg

9月27日
今シーズン最後の野呂川釣行に行きました。
今シーズン楽しく遊ばさせていただいた野呂川に、感謝をこめてありがとう。
今日も楽しく釣らさせていただきます。
バス停駐車場も、乗客は少ない。
9時発の二番バスなので、20名弱程でした
d0168318_17575698.jpg

マイカー駐車場も、まばらでした
d0168318_17575942.jpg

釣り人全員が。身内との事で谷割も簡単に済み、いざ出発。
今回は、S藤さんと組み赤パイプ堰堤から釣行開始する。
今日のタックルは、9ft #3のウインストンロッドに、ハーディーブグレ #3ライン
d0168318_1843841.jpg

このような場所から釣り開始しました。
d0168318_1855829.jpg

今日は、順調。  数投目からイワナくんがフライを咥えに来てくれる
d0168318_18172366.jpg

順調に釣果を増やしていく、この時期になるとサイズも大きくなっている
d0168318_18202263.jpg

黒パイプ堰堤に着くころには両手程かな、沢山釣れました
d0168318_18213827.jpg

同行したS藤さんもひっきりなしに釣果を増やしていた
尺らしきサイズのイワナを釣り上げ、満足顔のSさんでした
d0168318_18251998.jpg

d0168318_18264195.jpg


黒パイプ堰堤からが爆釣の始まり。イワナいわな岩名のオンパレード
d0168318_18304061.jpg

d0168318_18312540.jpg

d0168318_19551117.jpg

d0168318_18321492.jpg

しかしどう頑張っても、27~28cmサイズの9寸イワナまでしか釣れない
もしかすると、今シーズンは、尺イワナを釣り上げる事が出来ないまま終わってしまうのか。
尺諦めモードの中、手ごたえのあるイワナをヒット
9ft#3のロッドがしなる、フライは5Xリーダーに直結してあるので
切られる心配はない。
いかにもでかそうなイワナが顔を出して来た
d0168318_18414897.jpg

d0168318_18421583.jpg

メジャーで計測してみたが、どう測ってみたも29.5cmしかない
ここで夢破れたり。

退渓場所に近づき、最後の二つのプールを確認する
残り時間はまで1時間ある、Sさんと休憩を取りながら煙草を一服する
プールの周りに虫が多く成り始める。
それに伴い、水面では、イワナのライズが始まった
始めてみる光景だった、#14フライだと若干小さめイワナが飛びついて来る
d0168318_18535456.jpg

#12フライに変更したらイワナも大きくなった
d0168318_18552536.jpg

ここで、今年の野呂川釣行も終了とした
シーズン怪我もなく、楽しめました
野呂川にありがとう。
来シーズンもよろしくお願いします

後ろの組も、到着したのでバス通りまでの崖を登りましょう
釣行で疲れ切った体で登るには、かなりキツイ崖でした。
d0168318_18594847.jpg

十数回の乗車、山梨交通の運転手さんありがとう
d0168318_1913711.jpg

帰りにいつもの温泉、「湯島の湯」で体を温め疲れを取った
毎回マッタリさせていただきありがとう
今回も夕食は、定番のラーメン餃子ライス定食での食事。毎回ありがとう
d0168318_1953696.jpg


最後ですが、駐車場に着く前にスマホに入って来た色々なメール
その中に、御嶽山噴火にニュース
後で判った事ですが、噴火に巻き込まれた多数の登山者の方々
御冥福申し上げます。
[PR]
by flyhirotan | 2014-09-27 19:51 | 野呂川

河津OFF. BBQ とアマゴ釣り

9月22日
d0168318_22511657.jpg

d0168318_22511688.jpg

温泉入って汗流し、BBQ 会では修善寺の地ビール呑み、黒毛和牛を食べる。
d0168318_235193.jpg

d0168318_2362140.jpg


9月23日
今日は、ひでさんから頼まれたお二人の案内します
M上さんとS野さんです。
d0168318_22445976.jpg


取り合えず、一発狙いで某河川の堰堤狙いを行う
Mさんから開始、まもなく釣り上げた天城山系のアマゴです
d0168318_22524310.jpg

d0168318_2252549.jpg


次はSさんが開始、ここでも一発で来たアマゴです
d0168318_22553383.jpg

d0168318_22553085.jpg

d0168318_22563113.jpg


川を替え、河津川の某支流に入渓する
この様な場所に入りました。
d0168318_2259528.jpg

d0168318_2305615.jpg

こちらの場所では若干反応悪く、3名でアマゴ10匹だったかな。
[PR]
by flyhirotan | 2014-09-25 22:51 | 河津川

野呂川に行きました

9月20日
野呂川に行きました
本日、駐車場で会いました、フライマン達。
谷割完了しましたので、全員で記念撮影しました。
d0168318_18412143.jpg


本日の谷割は、このように成りました。
S藤さんとひろたんは、あるき沢赤パイプ堰堤から樽沢
I谷さん組は、開運トンネル抜けた辺りから入渓
F村さん他2名組は、石碑から荒川まで
BLUN・SWANさん他1名は、植林帯から石碑まで
Shin1さんは、吊り尾根からあるき沢まで
御夫婦フライマン組は、あるき沢を下った辺りから
ほとんど知合いの方々でした。
以前当野呂川でお会いしましたBLUN・SWANさん他1名以外の方は
バムのお店のお客さんです。

本日は閑散とした駐車場に、10名ほどの登山客と、自分たち釣り客
さぁ~、バスに乗って各自の入渓場所に向いましょう
本日のタックルと入渓場所
ロッドは、8.3ft #3のウインストンロッド
リールはハーディーブグレ #4ラインにマキシマリーダー 9ft 5X
d0168318_18471692.jpg

d0168318_18473768.jpg


久しぶりのフライフィッシングに気合の入るS藤さん
d0168318_18501352.jpg


赤パイプ堰堤が近づいて来ました、始めましょうか。
しかしフライに反応しない、所どころポイントの立ち位置に足跡が多く見られる。
さては、5時半バスの先行者が有ったかな、これでは3週続けての先行者有りに成るかな。
Sさんにポイントプールを譲っていただきました。
減水してるので、厳しそう。近づかないで手前からフライを流すと、2投目に。
しっかりとフライを咥えたイワナ、若干小さいな。17cmの本日1枚目イワナ。
d0168318_193486.jpg

まだ居るかなと、遠目に落としたフライ。がぼっとフライを吸い込んだイワナ
先ほどとはロッドへの感触が違う。丁寧に引き上げたイワナがこれです
26cmありました。
d0168318_1991697.jpg

この後も、フッキングミスが一回とランディング中ばらしてしまったりした
一雨降れば、もっと良い状況下になるんですがね。
d0168318_19132950.jpg

赤パイプ堰堤からは、反応があまりない、足跡も沢山ありますね。
どうにか釣り上げたイワナ達
d0168318_19193859.jpg

d0168318_1920423.jpg

このような場所から出て来ました
d0168318_1921675.jpg

黒パイプ堰堤に着いた。ここまでぼちぼちの釣果でしたが、楽しみました。
d0168318_19242277.jpg

こんな場所で出てきたイワナ、何故か今年のイワナはサイズが小さいのばっかり。
d0168318_19272038.jpg

d0168318_19275248.jpg


本日のSさんの釣果は。5cmのイワナに始まり、30.5cm尺イワナに至った
釣り上げたイワナは10数枚、完全バラシが10本ほど、フッキング出来なかった数は
数え切らないほど。
Sさんがバラシの瞬間を見ていた(ひろたん)は、去って行くイワナの大きさに驚く
これがSさんの尺イワナ
d0168318_19363775.jpg


黒パイプ堰堤から反応が良くなった、虫のハッチも始まりイワナのライズもある
ここでは、釣れたイワナが本日の最小15cmから最大の27cmまで様々です
d0168318_19582358.jpg

d0168318_19582880.jpg

自分も本日の釣果は、釣り上げイワナ10数枚、完全バラシが10本ほど、
フッキングミスも10回ほどでした。
楽しさを満喫出来た1日でした。
最終バス16時50分、あるき沢から各場所で釣り人を乗車させて駐車場へ向かう
帰りバスは、釣り人だけだった。皆さんかなり疲れていそうですね
d0168318_2051746.jpg

帰りに温泉でマッタリ、疲れが取れました
d0168318_2065157.jpg

[PR]
by flyhirotan | 2014-09-20 19:52 | 野呂川

残り少なし野呂川釣行

d0168318_20592584.jpg

9月15日
尺イワナを釣りたく、また野呂川に行きました。
今回は、かんちゃんに釣行をお願いして、いざ奈良田第二駐車場に。
駐車場にはバムもお客さん2名(あるき沢)と15日駐車場でお会いした地元フライ3名(吊り尾根)が居ました。
谷割も完了して、9時バスで出発。
そう言えば、前日から広河原にテン泊している2名(T木さんとF村さん)が気になる
イブニングを楽しみたいとテン泊したらしい。
最初に降りたかんちゃんとひろたんは石碑から下り、河原に到着。
今回は、入渓がカブっていないと思われる。
今回のタックルは、7.9ft #2 ウインストンロッドに
ハーディーフェィザーウエイト #3ラインをチョイスする
d0168318_2147102.jpg

このような素晴らしい渓相の場所から、釣り始めた
d0168318_21483750.jpg

かんちゃんは、若干下った辺りのポイントから釣り始めた
d0168318_21501237.jpg

あれおかしいな、魚の反応が全くない。
好ポイントのプールまで、全く反応無し。
プール辺りは、真新しい足跡がずらりと残っている。
かなり荒らされているを確信した、5時30分バスで先行者が入っていたのだ。
d0168318_21552578.jpg

二週続けての、先行者有り釣行となった。
前回かんちゃんとの釣行で悔しい思いをしたので、今回はどうしても
結果を残したい。
やった、イワナゲットする、尺イワナとはいかなかったが、南アのイワナです。
d0168318_224153.jpg

d0168318_2234968.jpg


自分も、反応悪い中で、どうにかイワナゲット
サイズは小さくても#2ロッドだったので、綺麗に弧を描きながら
ロッドがしなる。
d0168318_22111383.jpg

d0168318_2211661.jpg


巨岩帯に入り、足跡はかなり残っている
各所にあるプール、ここまで近づかなくても良いのではないのかなと
思うほどの足跡がいっぱい。
かんちゃんと交互に順調に釣って行く
d0168318_22412436.jpg

d0168318_22413792.jpg

たまには、ロッド・リールと写しても良いかな
d0168318_22425744.jpg

本日最後、釣り上がりイワナです
d0168318_22435927.jpg

最終バス時刻が近づき、退渓場所の岩場を少し登り
側道から暗黒トンネルに到着
d0168318_22473555.jpg

トンネルを抜けた場所で少し待つ事、最終バス到着
バスには、広河原からT木・F村組が、あるき沢から5名が、自分たち2名はトンネル抜けた場所から。

フライマンに、釣果を聞くと、
広河原組は、イブニングで36cm巨大イワナゲットしたそうです(場所は・・・)
あるき沢組は、尺イワナを何本もゲット(場所は・・・)
吊り尾根組は、ぼちぼちでしたの結果です。
石碑組は、2人で20本弱かな(先行者有りで)
皆さん楽しい釣りが出来たそうでした。
次回は、どこに行こうかな。
[PR]
by flyhirotan | 2014-09-15 20:59 | 野呂川

野呂川に行きました

d0168318_2040528.jpg

9月13日
今日一番、32cmイワナ 
同行のY沼さんゲット

奈良田に就く前で撮影した、中部横断道の富士川陸橋の建築工事
何故か中間点に一部のみ橋が掛かっている
d0168318_17302728.jpg


奈良田発広河原行,9時バス一号車に乗車。
ここでの谷割は完了しておき、本日の釣行場所石碑にて下車し、河原まで下る。
Yさんに先行してもらい、じぶんは若干下ったところから釣り始める。
d0168318_173759100.jpg


ここで問題発生、急に出てきたルアーマン3名。
バス2号車に乗っていたのであろう、自分たちの前に入渓してくる
1名は、何の断りもなく、どんどん釣り上がって行ってします
2名は下りながら自分達に近づいてくる。
Yさんと「今日は厳しい釣行になりそうでね」と話しながら釣り上がる
やはり反応が無い、真新しい足跡だらけ。
結構ポイントを叩かれている状態。
d0168318_17461036.jpg
d0168318_1747890.jpg


そんな中やっと一匹目のイワナを確保
d0168318_17491067.jpg

またY沼さんは、尺越イワナをヒットさせていた
d0168318_17505623.jpg

少ないながらも反応はあるが、中々フライを加えてくれない、
見切ってしまうイワナ、弾いてしまうイワナ、たまにしっかりフライを加えるイワナ
先行者が居ると厳しいと実感した。
久しぶりに出会えたイワナ、こんなところから出て来ました
d0168318_17582119.jpg

d0168318_17584764.jpg


水量が若干少ないが、両岸に分かれて釣り上がって行く
順調に数を量産しているY沼さん
ガンバら無くてはと、釣りモードにギヤを入れ量産開始
d0168318_1852074.jpg
d0168318_1855641.jpg
d0168318_1862194.jpg
d0168318_1865172.jpg


西日が山肌に当たり、結構綺麗な形相になって来た
d0168318_189850.jpg

そんな中、Y沼さんはここ場所で、29cmイワナをゲットしていた
d0168318_18113311.jpg


驚いた事に、この場所でフライを落としたところ、気持ちよくフライを加えてきた魚
d0168318_18144111.jpg

何とネットインしたところ、ヤマメが釣れてではありませんか。
何年も通っている野呂川、ヤマメが釣れたのは初めてで、感動してしまった。
天城山系のアマゴのパーマークの違いが、ハッキリ判りました
d0168318_18174690.jpg


帰りのバス時刻が近づいて来たので、途中退渓し暗いトンネルを抜け
出口でバスを待つ。
短時間の先行者が居たにも拘らづ、2人合わせて20枚弱、こんなもんでしょうと、
2人は納得していた。
釣果が悪かったが後半反応もよくなり、楽しく遊べたと思います。

最後に、釣り人先行者が居るのに、目の前に入渓するマナー違反行為は
止めましょう。

帰りに寄ったお店で、煮かつ定食を食べて帰りました
d0168318_1831028.jpg

[PR]
by flyhirotan | 2014-09-13 20:40 | 野呂川

野呂川釣行

d0168318_1849597.jpg

9月7日
先週に続き、4名で野呂川釣行
今回は、YY組(Y崎さんとY沼さん)は、前回と同じく石碑から入系
帰りのバス(17時過ぎ)で合流予定。

私たちTT組(T木さんとT岡)は、吊り尾根から入渓する事にする
一年ぶりの吊り尾根、川の渓相ががらりと変わっていた
片側のみの流れになっている、しかし水量が多くなり魚が居そう。
d0168318_11372100.jpg

支度準備の遅い自分、Tさんは既に釣りを始めていた
一匹、二匹と釣り上げていた。
二匹目の10cmイワナもしっかりとフライを咥えていた
活性は良さそう。
d0168318_11415725.jpg
d0168318_11425037.jpg
ひろたんも釣らなくてはと、釣行始める。
反応は良い、学習したイワナはフライを見切ったり、フライを弾いたり
しっかりと咥えてくれたり、様々です
d0168318_11525293.jpg
d0168318_11531998.jpg
d0168318_11534215.jpg

T木さんは、このようなポイントで楽しんでました
d0168318_11571266.jpg


一つ目の堰堤が近づいて来ました、以前ならよじ登らなくてはならない堰堤も
トラック道路が作られていて、回避しやすい。
d0168318_11595662.jpg

W堰堤を越え、またもや渓相の変わりように驚きを感じた。
そこでもT木さん、型の良いイワナゲット
d0168318_1235667.jpg

ここから若干反応が少なくなったが、イワナは居ますよ
型は小さい(7~8寸サイズ)が釣れたます
d0168318_1284244.jpg

d0168318_129923.jpg

d0168318_1292397.jpg

しっかりキャストしています、この後はイワナをゲットしていましたT木さんです
d0168318_12141557.jpg

ここまで来たか、あるき沢に出る最後のスリット堰堤。
今までは、遠巻していたが、工事用の道が有り、簡単に越せました
d0168318_12195447.jpg

堰堤越えてから、ポツリポツリしか釣れない、疲れも来てるのかな
d0168318_12224048.jpg

本日最後のイワナ、ロッドとリールも一緒に撮りました
d0168318_12261186.jpg

退渓場所のあるき沢口に近づいて来ました。
本日の釣行無事完了しました。
d0168318_1229314.jpg


あるき沢橋バス停16時48分、無事乗車(TT組)
第一発電所先のトンネル付近にて17時20分頃、YY組無事乗車。
石碑組のY沼さん、33cmおy美30cmの尺越イワナゲット
個々の釣果枚数は、お話しできませんが、釣場二ヶ所4名合わせて60枚は
出来すぎだったのではありませんか。
今回先行者が居なかったのが、結果として現れました。
本当に楽しい一日でした。
また来週も行くでしょう。
[PR]
by flyhirotan | 2014-09-07 18:49 | 野呂川